女性

女性のエンジニアの過重労働の改善策

エンジニアをはじめとしたIT関連の業種で深刻な問題となっている過重労働に関しては、徐々に企業努力で改善策が提案および実行されています。 そのためエンジニアや他の関連業種も、自社で実施されている過重労働による改善策を活用して労働環境を改善できるようになったほか、他社の対策と比較検討しながら転職を検討するなどの自衛策が取りやすくなっているようです。 その中でも特に意識的に改善対策を検討しているのが、女性のエンジニアおよび関連職種だと言われています。 男性と比較すると女性の場合は出産や育児での仕事と家庭の両立や介護の問題がのしかかりやすく、過重労働などの労働問題で深刻な悩みや不安を抱えていたと考えられています。 そのためライフスタイルの変化が原因で仕事が続けられなくなった人も少なくなく、復職も難しい傾向があったようです。 結果的に労働環境とライフスタイルの変化がうまく調整できず、女性の社会進出に支障をきたしていたと考えられていました。 だからこそ時短勤務や多様性のある働き方の導入によって仕事と家庭の両立がしやすくなってきたのは女性にとっては大きな魅力です。 実際に対策を導入した企業の中では、IT関連の業種での女性の社会進出や雇用の安定化もしやすくなってきたのではないかと評価されています。 そのため今後も女性の社会進出や雇用の安定を図るため、企業側および社員側の意識改革や改善策の提案実践が求められているのです。